ファッションを罵倒された

私が以前婚活で仲良くなった男性は凄くおしゃれで、本当に様々なファッションについて詳しい人でした。私自身もファッションにはある程度興味を持っているし、こだわりも持っているので話も合って、楽しい時間を過ごすことができていたのですが、何度かデートを重ねた時に私のファッションを罵倒されたことがあったんです。罵倒されたと言っても大きな声を出されたわけではありませんが、細々と指摘されて私のセンスをほぼ全て否定された状態だったので、あまりにも大きなショックを受けてしまい、この男性とお付き合いすることをやめました。

その男性は本当に私が見ていてもオシャレで素敵だったのですが、私自身のファッションに対して、あまりにも上から目線で馬鹿にしてきたので、この先お付き合いを続けていても同じようなことが繰り返されると思ってお付き合いをお断りしました。私は私なりにこだわりを持ってファッションを楽しんでいるし、特別に変なファッションをしているわけでもありませんし、奇抜なファッションをしているわけではないに、あまりにも細々とアクセサリーについてや、お洋服の柄について、それから、当時履いていたサンダルのストラップについてなどに関しても馬鹿にされてしまったので頭にきたしショックを受けました。

■物には言い方がある。

自分自身がすごくおしゃれに敏感な男性だったので、私のファッションにも色々と気を使って指摘してくれたつもりだったのかもしれませんが、やっぱりどんなことでも物には言い方があると思うんです。言い方が違えば素直に受け入れることができたかもしれないけど、あまりにも馬鹿にするような言い方をされてしまったのでその瞬間にこれまでの楽しい気持ちなども無くなってしまいました。

自分のおしゃれにはどんなに敏感で素敵なファッションをしていても、他人の心に敏感ではない人とは私は付き合いすることができません。どんな事を言ったら相手が傷つくかということや、どんな言い方をすれば相手を傷つけないで済むかということを考えながら話ができるのが本当の大人だと思っているし、魅力的な男性だとも思っています。私自身も常にそうやって他人と関わるようにしているので、何も考えずに相手の心を突き刺してしまうような言葉を言う人とお付き合いをすることはできません。どんなに見た目のファッションなどがおしゃれで素敵だと思っても、どんなに新しいファッションに敏感でも、人の心に敏感でなければダメですよね。