月別アーカイブ: 2013年10月

30代の目標

30歳と言う節目を迎えて、自分の中に意識改革が起きるのを感じました。
これまではまだどこかに甘えがあって、誰かに頼りきっていたり人のせいにしたり、自分の足で歩んでなかった気がします。

二十歳から三十路までの10年間、本当に多くの事を学ばせてもらい、がむしゃらに頑張って来ました。
だからこれからは、そうして学んできた技術を活かして形にする時期だと思っています。

私はとてもプライドが高く頑固な性格で完璧主義のため、自分でもストイックで自分に厳しい性格だなぁと思います。
人間は、やる気次第で何だって出来るから、不可能はないと信じています。
だから、自分に出来ることは他の人だって出来る!やる気次第で出来ない訳がないと思ってしまいます。
自分に厳しい分、人にも厳しくなってしまう時があるし、仲間にも自分と同じだけの向上心や努力を求めてしまう所があります。

だから、思いが強すぎるとぶつかる事もあります。
でも、ひとそれぞれ「能力」や「情熱」って違いますから。
私の気持ちが重たくなって離れていく友人もいたり、頑張っている私には手も足もでないし、相談も出来なかったと去っていく仲間がいたり、裏切っていく仲間もいたり。
頑張れば頑張るほど馬鹿を見るような事も沢山ありました。
それでも、こんな私の事を支えてくれてリスペクトしてくれて、着いてきてくれる仲間がいるから、彼らのためにも「形」にしたいと思うのです。

現実から逃げたり、仲間への思いも絆も裏切って逃げ出した人たちに対してのプライドもあります。
彼らにいつか、「自分が間違っていた」とか「悪かった」と反省してもらえるように、そして自分達が目指しているものが正しいものだと証明するために…

30代は、これまで積み上げてきたものを最大限に活かして「達成」の年にしたいと思うんです。
一握りの成功と言うものを掴むまで、諦めずに挑み続ける。

自分を信じて。

築地に行く予定から変更!

明日は娘の初節句だからって買い物をしに、
前々からお母さんと築地に行く約束していた。
なのに天気が悪く雨だし、つい最近も雪が降ったし。
お母さんは孫が風邪引いたら嫌だから、会うのは止めにしようって言ってくれた。
買い物は手が空いてる妹と弟に手伝わせるからって。でも私は行きたかったなぁ。
築地で美味しいご飯が食べたかったなぁ。

代わりに、いつも家の中でしか遊ばない娘のために、
近くに児童館があるのを知って早速行ってみました。
受付のお姉さんは感じがいい人なんだけど、
初めて来たのに何にも説明してくれなくて対応が良くなかったのが残念です。
乳幼児スペースはなかなか広くてオモチャやぬいぐるみ、
絵本や娘が大好きなボールプールがたくさん置いてありました。
手洗い場と冷蔵庫もあってビックリしました。これなら1日中過ごせる環境ですね。

でも、もう少し早い時期から行ってれば良かったなぁって後悔。
ママさん達はもうグループが出来てたから、初めて行った私はすごく居辛らかった。。。

娘も私も、とっても人見知りするんです。
娘は特に酷くて、ママとパパ以外の人と会うと必ず泣くんだよねぇ。
人見知り克服する為と、お友達を作りに児童館行こうと思ったんですけどね。
これから頑張ってしばらく通ってみようかなと検討中です。

それから、夕飯の買い物の時間になったので帰り支度してたら、娘が突然泣き出しました。
まだ遊びたいのか眠いのか分かんないけど、泣き止まなかったから買い物をせずに自宅に戻りました。
帰って授乳したらすぐに寝たので、よっぽどおなか空いて眠かったんだねと解釈。
買い物はパパにお願いするしかないなぁ。パパごめんね。
帰ってくるのは夜中だけど仕方ない。それくらいの協力してね!
明日と明後日は休みだからそれぐらいはいいよね。

2連休も久しぶりに取れて、娘もパパも嬉しいだろうなぁ。
パパはほとんど休みが取りにくいから、雛祭りも娘の誕生日も休めないかもって思っていました。
明日は我が家に人がたくさんいるから娘も遊んでもらえて嬉しいだろうなぁ。
あたしはお母さんの手伝いで忙しいからパパ達が面倒見ててね!
明日、妹と弟に誕生日プレゼント渡すのを忘れないようにしないと。
気に入ってくれるか今からドキドキしています。

桜の季節

今年も桜の季節がやってきますね。
まだまだ寒い日は続きますけど、時期に春がやってきます。
春と言えば、毎年開いている「お花見」が楽しみな季節です。

子どもの頃は、桜の季節になると決まって家族全員でお花見をしに行っていました。
近くの公園では桜が有名で、シーズンになると花見客で昼夜大賑わいします。
この公園には大きな池があってボートや手漕ぎの船に乗れるのも楽しみの一つで、地元のデートコースにもなっています。

私の家族はピクニックのスタイルで「お弁当」を持って花見に行くのが定番でしたが、母が面倒だと思うときは「ほかほか弁当」でお弁当を買ってお花見に行っていました。
その適当さがちょっと恥ずかしかったり不満で、バーベキューをしている人たちが羨ましかったのを覚えています。
だから、大人になったら絶対大人数でわいわいバーベキューするんだ!って思いがあり、今現在花見をする時は友人たちと大勢で集まってBBQ!!
綺麗な桜のしたでのBBQは最高です。
美味しさもいつもより増して美味しく感じるので、ついつい食べ過ぎたり飲みすぎたりしてしまいます。それも花見だから無礼講です。

また桜の終わりの時期になると桜吹雪が美しくて、私はこの光景が大好きです。
桜吹雪の時期にはBBQは適さないので、お弁当を持って密やかにベンチに座って池と桜吹雪を眺めながらお弁当を食べるのがとても気持ちが良い。

美しいものを見ると、本当に心がクリアーになります。
今年はまだ寒い日が続いているので桜の開花も遅いかもしれませんね。
今、桜たちは開花を目前にすごいエネルギーで待機しているかもしれません。

桜が咲いたら、今年もお花見を企画しなきゃ。
今年も楽しい花見になりますように。

次は毒蛇クリーム?

今や韓国コスメは、日本でも大流行していますよね。
有名な芸能人達がお薦めしていたり、ショップでもよく見かけます。
頻繁にチェックしている人も多いでしょう。

BBクリームを筆頭に、カタツムリクリームなるものまで出ました。
カタツムリクリームに関しては、IKKOさんが紹介したことで爆発的に売れました。
私もIKKOさんが薦めるくらいだからイイものだろうと、試してみた事がありますが、クリームの質よりも香りがキツクて断念したのを覚えています。

そして、最近話題なのが「毒蛇クリーム」。
韓国は凄いですね、毒蛇か。。
この毒蛇クリームですが、毒蛇が持つ毒に近い何とかたんぱく質が、シワをのばす作用があるらしいのです。
アンチエイジングを考える人にもってこいですね。
ハリウッドスターだけでなく、ヨーロッパなどでも人気があるとのこと。

クリームだと肌に合わないと勿体ないので、パックで試してみようかな。
ちなみに、あまり価格が安いのは、ほんのちょっとしか成分が入っていないようなので、注意が必要です。
便乗商品?も沢山あるみたいですね。
本家は、シン・エイク(syn-ake)のものなのかな。

それにしても、女性の美の追求は世界の共通項目ですね。
毒蛇まで研究してコスメに生かしてしまうんですから。

綺麗になりたい、老いに抗いたいという気持ちは、女性なら誰しも抱くものなのでしょう。
私もガンバロっと。

今年の梅雨の過ごし方は?

4月も後半になると、梅雨の時期の過ごし方を考えはじめます。基本、アウトドアな人間のため、梅雨の時期は通常の活動が控えられます。梅雨ならではの楽しみ方を、模索する必要があるのです。

まず、毎朝の日課のジョギングができなくなります。年間を通して天気が良い日は毎朝近所の公園で3~4キロ走っています。梅雨は雨の日が多いためどうしても走れない日が多くなってしまいます。
昔は合羽を着てジョギングをしてみたりもしましたが、合羽を着ると汗をかきすぎて気持ちよく走れません。通気性が無いのでサウナスーツを着ながら走っているようなものですから当然でしょう。ダイエット目的には良いかもしれませんが、朝のリフレッシュ目的には向いていません。疲れてへとへとになってしまいます。

そしてバイクにも乗れません。これは一番辛いです。正確にはバイクに乗りたい気持ちが削がれてしまうと言うべきでしょう。雨の日でも乗ろうと思えば乗れますから。

ですが、雨の日はタイヤがスリップする可能性もあれば、視界も優れません。事故のリスクが高い状況では楽しみは激減です。その上、レインコートを着こんでのライディングもごわついてしまい、気持ちよくありません。

キャンプもできないのが辛いところです。僕は2週間に1回は近くの無料アウトドア施設へと出向き、テントを設置しています。たまに星空の下で簡素な食事を作って食べたり、ランタンの明かりの中で音楽を聴いたり本を読むのが好きなんですよね。自然を身近に感じる行動も好きなんです。

梅雨の時期では、雨の日はもちろんテントは避けたいところです。また、降っていないとしても地面がぬかるんでいる為、テントはやはり向きません。5月、6月は基本的にテントは避けています。

このように、梅雨になると外での楽しみはほとんど中止となってしまいます。随分時間が余ってしまうので、何か別のことでも見つけなければ無駄に暇を持て余すこととなってしまいます。

今年はそうですね、料理の趣味をはじめてみようかと思っています。オーブンレンジを購入してパンの通信教育を行おうかなと考え中です。パンは好きですし、休日にはパン屋さんでブレットを買ってきてサンドイッチを作っています。パンから自分で作れれば、もっと満足できると思います。

勘違いされがちな骨髄移植

私の父は骨髄バンクに登録をしています。
元々献血が好きでよく献血に行っていました。
そこで骨髄バンクに登録をしました。かなり前にしたのは知っていました。

二年前に骨髄提供が決まり、
そうだから同意してくれるよな?と連絡がきて、
当時は詳しいこともよくわからないまま、その話が流れました。
骨髄を提供するにあたり、本人の意志とは別に必ず家族の同意が必要なのです。
いくら本人が提供したいといっても、家族がNOと言えば提供をできません。
それで提供されずに命を落とす方は何人もいます。

骨髄の型が合う人を探すのは、時間とお金が必要ですし、
見つからない場合がほとんどです。
だから選ばれるのは、けっこうな確率。
なのに、私の父はまた候補にあがりました。

候補は5名くらいにしぼってから、一番いいもの、
もしくは、候補にあがっても断る方もいますから、
選ばれる確率はけっこうな確率。
父は最終候補としてついに選ばれました。

いざ選ばれたとなると、不安になり、私も色々調べました。
よく骨髄を抜いたら下半身不随になるとか脊髄と勘違いする方もいるようで、
骨髄は骨に穴をあけそこから注射器で採ります。
それは全身麻酔でしますし、
後遺症はあるものの4日くらいで退院できるものであること。

神経が傷つく脊髄とは別であることを理解しました。
全身麻酔の副作用や、腰の痛みはあるみたいですが、
みなさん仕事にもすぐに復帰できるようなので心配はいらないようです。

そして報酬についても、莫大な報酬が入ると思っている方もいるようですが、
これも間違いで、一切入りません。
入院やそれに関する通院などはもちろんお金はかかりませんが、
その他は入院準備金として5000円支給されるだけなのです。
仕事をしている方は休まなければなりませんし、
その保障をしてくれる訳でもありません。
お子さんがいる方など、その間、預けなければならなくても、
そのような負担は一切ありません。

こんな制度だから、きっと、ドナー登録をしない、
していても提供をしないという方が多いんだと私は思います。
もしなにかあった時は保険金がおりますが、それ以外は何もでません。
そんな状況での提供は難しいものです。
しかし、自分の身近な家族などが骨髄を必要となった場合、
きっと惜しまず骨髄をあげれるとおもいますが、
ドナー登録となると中々できる人はいないと思います。

父のように意志が固く、提供したいといえば、もちろん応援します。
必ずしも助かるわけではありませんが、
一つの命がまた一つの命をつなぐことはとても素晴らしいことですから。
そういったリスクを理解した上で、ドナー登録者が増えてほしいです。